太郎のぼやき

犬嫌いだった親父のもとに
ある日黒ラブ太郎がやって来た
そんな太郎と親父の
日々の生活を綴っています。

初めての散歩💧

予防接種も終わり、動物病院の先生から「もうお散歩に出て構いませんよ😊」と許可が出て、次の日の朝、まだ夜🌃も明けないうちに、スーパーのレジ袋とトイレットペーパー、水のペットボトル、おやつをトートバッグに入れて、そーっと太郎の部屋に行き、ドアを開けると、なんと❕「おやじ、おせーぞ❗」と言いたそうに、ちゃんとお座りして待ってるではありませんか✨しっぽをちぎれんばかりに左右に振りながら、いざ玄関へ🎵リードをつけガチャリと玄関のドアを開けると、まだ朝とは呼べない暗さで、私と太郎は一瞬足が止まったけど、勇気を出して一歩踏み出しました。ちなみに我が家は、三階なので目の前には当然階段があるわけですが、ここで太郎が尻込みしてしまい、両手を踏んばって、頭を低くして、てこでも動かない姿勢をとるのです。「おやじ、怖いよ➰」。困った私は、抱っこして階段を下りる事を決意し、太郎のお尻の方から右手をお腹の方に入れて、左手で抱えあげて一段一段ゆっくりと下りて行きました😆この時の太郎の体重は12キロです😱ずっしりと重かったです。真っ暗な中リードを引っ張られながら歩いていたら、二軒隣のおばあさんの家の前でピタリと立ち止まったかと思うと、ジャーという音と共におしっこをしたのです。私はすかさずペットボトルの水をかけました。太郎は「あースッキリ☺」といった顔をしていました。そしてさらに二軒程歩いていくと、今度は顔を地面に近づけてクンクンしたかと思うと、案の定両足を踏んばって、又てんこ盛りのうんちをしたのでした。私はトイレットペーパーでつまみ上げて、スーパーのレジ袋に納めて、又ペットボトルの水で洗い流しました😆太郎もスッキリしたのと、「おやじ❗今日の散歩は、これ位でいいよ👌」と言ってるように見えたので、散歩初日は10分程で終わったのでした。ちなみに帰りの階段ももちろん抱っこして、やっと玄関に着きました😂太郎はスッキリ🎵私はぐったり😣💦💦💦の散歩初日でした😃

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。